事務局日誌

NPO法人の事務局長からのお知らせと私情交じりの活動報告
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事務局も一飼い主宅

今年、15歳の和犬雑種のコロ。
一昨日夜より水を飲ませても下痢します。汚れるから拭くと、お尻の毛が抜け剥げ落ちます。
これがかなり介護人には堪えます。きれいにしてやればやるほど傷めてしまうので。水を飲ませてやりたいけどやれない。飲ませば汚れる。悪循環です。介護知識、必要ですね。こういうとき獣医さんが往診してくださると助かるのですけどね。ホームドクター、お忙しいし・・・。

      NEC_0003a.jpg 
(コロちゃんめ、マットからどうしても頭を落としてしまいます

しかし、事務局業務に集中できないのが辛いです。当然ですが、活動当日までには準備期間があり、すりあわせなどスケジュール調整、資料作成等睡眠不足で回らない自分の脳みその活性化に時間がかかっています。関係者の皆様、お問い合わせのお手数をおかけしてすみません。どんどん日が迫ってきてますね。早、お盆。どないしましょ。お盆過ぎたら、パピー教室です。
スタッフの皆さん、まったく打ち合わせ無し、話し合い無しでいきなり本番ですか?役員理事さん、ご連絡お待ちしています。

そんな私から見ると、優雅に思える某活動ブログ・・・。あら、児玉小枝さんまで。そうですか・・・。共通の知人があったご縁も、もう10年前のこと、大昔ですね。

励まし?

朝刊で昔の職場でお世話になった上司の訃報を知る。
私が結婚で退職後もときおりお会いしていたけど、何年か前から体調の不調を訴えられ、親しい者の接見を断られるようになっていた。
みんな紙面で見たのかも・・・。お通夜だけど、行かれない。
少しずつ、私の周りから去っていく。やはり動揺しているみたい。私。

なにもかも投げ捨てて、もう家庭でわんたちと静かに暮らせばいいのだろうな。きっと。
やるからには・・・と、種まきから気長く根を張らせ育ててきたつもりだけど、なかなか実らない。

しかし、それでも、家では、些細な種まきでも結実だと感じさせてくれる。ともに暮らし始めたときに血を見た二頭。片方が寝たきりになったとはいえ、傍らでこうである。

      DSCF4068a.jpg

いいな、わんこたち。ひとの方が可哀想な生き物かもね。気づかないひとはいっぱいいるけどね。

飼いたい方は事務局へメールを

有り難うございました。終了致しました。

  DSC00248.jpg      DSC00260.jpg

 DSC00258.jpg  DSC00266.jpg


生後35日/ 健康診断済(問題無し)/離乳の時期に入っており、歯が生えています
<23年7月20日現在>
注:お問い合わせの前にここを読んで下さいね

どこへいこうとしているのか・・・?

地元香川での某ブログの一文・・・・「香川県の春日町にある処分施設は老朽化が進み、施設に集められた犬や猫はゴミ以下の施設で殺されています」

今までずっとどこかで言い尽くされてきた文。しかし、こう表現することで果たしてなにができたのだろう?

最近全国的に華やかな活動展開をみせる某団体も、先般、某自治体の動物処分業務に関して、あきらかに事実に反した事象をネットで流している様を目にした。それ以後も、この分野で過去よりの流れを知る者からみれば???と思う情報を流しているが・・・。

何故???なのか・・・気づいて頂きたいと思う。確固たる目的をもつならもっと想像力を働かせて、「命」を助けたいと思うなら、人として、広い意味で思いやりを持っていただきたい。

ちなみに写真展、やりましたねえ、当会も。NPOになる前ですが。2001年4月~5月。児玉小枝さんの講演も。(過去活動より)  当時、画期的だったと思います。だから私もお手伝いさせていただきました。しかし・・・etc.

kodama26.jpg  kodama34.jpg

郷土をこきおろすのではなく、もっと周りを見渡して確実に「共生社会」の実現に向けて、ある意味、恵まれた「香川県だから」活動していきたいものです。
あくまでも事務局長個人の考えですが・・・。


7月パピーパーティー

また遅くなりました。
7/16(土)にパピーパーティーを開催致しました。
今月は4頭(4家族)の参加でした。先月より続いて参加の虎徹(チワワ)ちゃん、初めてのはちこちゃん(柴)、ハルちゃん(トイ・プー)、ココちゃん(ボーダーコリー)の3頭とそのご家族です。
DSCN0300a.jpg  DSCN0304a.jpg  DSCN0308a.jpg

その子、その子の性格がみられました。みんな穏やかです。来月あたり、少し、変身する子が出てくる感じも致しますが、それを見るのも飼い主さんにとって学習です。

なかでもほほえましかったのは、内気でなかなか前に出られず、他の子と遊べない感じのはちこちゃんが、他の家族の男の子(人間)がそばに行くと、そーっとソファーの下から自ら出て、クンクン、楽しそうにし、そのうち二人でお鼻をすりあわせてご挨拶のシーン。
               DSCN0313a.jpg
こういうのは意外と珍しいですよ。ばたばた元気の良い人子供と、犬子供がはしゃぐのは時折ありますが、シャイな子犬と明るい僕ちゃんの間に静かな空気が流れ、初対面の人と犬とは思えませんでした。もちろん心身健康な子犬と子供の接触に限りますが・・・。
はちこちゃんが和犬だということもあり、寝たきりになったの我が家の「コロ」の介護作業の合間での活動ですが、私自身とても懐かしい気分に浸れ、幸せな時間でした。皆さん、ありがとう。
そして、はすい動物病院の皆様、有り難うございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。