事務局日誌

NPO法人の事務局長からのお知らせと私情交じりの活動報告
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助成金のこと・・・

一会員さんより最後の支払いとなる助成金受領の報告が来ました。
ほんとにありがとうございました。
その思いをお伝えした上で私見ですが、

会発足から満10年です。助成金は、避妊去勢手術の普及推進活動のPR、個々に保護される会員さんたちへの負担軽減には一定の効果はあったと思います。
しかし、金銭的に助成することは弱小NPOの力では限度がある、かといって、どれだけあれば?という問題でもないように思われます。
野良犬猫の飼い主になるということは、その時点から、飼い主としての責任、義務を担う覚悟が必至であるし、それは他の飼い主さんらとなんら変わらないことだとどなたにもまず理解して欲しいと思います。
次に社会全体を見渡してほしい。一歩踏みだし、自分の意識の枠外のことも思いを巡らせて欲しい。そう思います。
今に至っても、避妊去勢の必要性を感じていない飼い主さんは大勢います。だからといって、自分の飼い犬猫のことを大事にしない、意識が低い人だからというのではありません。
また、犬猫問題に携わっているからなんでも許されるわけでもありません。
今後、法改正がなされるにつれ、かえって保護活動者にもかなり厳しい内容になる可能性もあります。
だからこそ、問題の根本を見直して、犬猫と共生、共存していく意味、方法を見出していく時期だと思います。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。