事務局日誌

NPO法人の事務局長からのお知らせと私情交じりの活動報告
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しいのだろうか?

県と高松市が動物愛護法改正に伴っての説明会を開いた。
あくまでも説明会だということだった。
しかし、某団体さんは皆が着席しかけると同時に三脚にカメラ?で会場内に設置、撮影。
主宰者が撮影ならば、参加した以上、「主宰者」やその「開会の目的」に対して一応の納得臨場であるからそうそう気にならないが、単に一参加者が会場全体に向けておそらく勝手に撮影されると、撮られる方は使用目的が不明なこともあり、不愉快。
さらに終了間近の質問タイムには、いきなり手慣れたように、マイチラシ配り、また同行してきた他県よりの参加者に指示、発言を促す。
それを統率力があるから良しとするのかもしれないが、そうなのかな?
それにいつのまにこの日の「説明会」は「懇談会」になってたんだ??
だから第2回もなにも・・・無いはず。

時間を押して閉会後もなにやら場内でやってたようだが、おかげで迷い犬のことで市職員と話したいことがあったのだができなかった。
行政に要望したいことはさまざまあるだろうが、とにかく当会はさしあたって県獣医師会主催動物愛護フェスティバルの奉仕参加に向けて準備していくだけ。やってる内容詳細がわからねば、改善もへちまもない。と思っている。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://dak04.blog27.fc2.com/tb.php/34-acb62949
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。