事務局日誌

NPO法人の事務局長からのお知らせと私情交じりの活動報告
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03/24のツイートまとめ

charakoarako

エリザベス・テーラーさん死去 #DailySports http://t.co/61rFgep via @Daily_Online
03-24 01:50

被災地でイルカが救出されたもよう。救出に一役かった人物と関連している店舗かどうか?だけど、頑張ってくれている。生のブログでのワンの遺体の画像に暫し独り号泣・・・。しかし、貢献のシルエット見た気が。
03-24 01:32

支援物資と保護わんこ&にゃんこ?#goo_welcome-dogwood http://t.co/XbckGDo
03-24 01:24

訃報?#goo_welcome-dogwood http://t.co/HKoq9fc
03-24 01:23

ありがとうございます?#goo_welcome-dogwood http://t.co/G1XprHr
03-24 01:20

「なんか、随分さぼったような・・・」 http://amba.to/dXB45P
03-24 00:18

スポンサーサイト

03/23のツイートまとめ

charakoarako

#prayforjapan http://t.co/ih5IMJa
03-23 16:46

3-21 ☆仙台市動物管理センター NPOエーキューブ情報  http://t.co/sCGx9zZ
03-23 02:53

被災中国人、日本人が救助…中国外相が謝意 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/fS9xyNp via @yomiuri_online
03-23 01:12

03/22のツイートまとめ

charakoarako

緊急災害時動物救援本部お知らせ デマに注意!! http://t.co/u0HCNmf
03-22 13:36

03/21のツイートまとめ

charakoarako

「ぼくたちセンターで待っています」 http://amba.to/dZWKNN
03-21 16:13

03/18のツイートまとめ

charakoarako

灯油、ガソリンを早く。持病や治療中の人をなんとか良い環境にしてあげてください。
03-18 02:29

03/17のツイートまとめ

charakoarako

被災者の方々への支援窓口について【東北地方太平洋沖地震被災地支援本部】 http://t.co/BXoUM3C
03-17 17:43

緊急災害時動物救援本部から義援金口座が公開されました http://t.co/0OYcYss
03-17 13:48

被災者の方々への支援窓口について【東北地方太平洋沖地震被災地支援本部】

最新(3/17)香川県HPより転載です

香川県では東北地方太平洋沖地震の被災地に対して、県民の皆さまからの義援金と救援物資を募っています。

義援金の受け付け(銀行振込・郵便振替の場合)
 被災地への義援金は、日本赤十字社香川県支部、香川県共同募金会が開設した災害義援金専用口座で受け付けます。

○日本赤十字社香川県支部(TEL:087-861-4618)
(1)銀行振込の場合

取扱金融機関の本店・各支店の窓口に備付けの専用振込用紙に、寄付名称を「東北関東大震災義援金」と記入し振込。

金融機関 預金種別 口座番号 口座名義
百十四銀行 本店営業部 普通預金 0562968 災害義援金 日本赤十字社香川県支部長 浜田恵造
香川銀行 本店営業部 普通預金 1816914 災害義援金 日本赤十字社香川県支部長 浜田恵造


(2)郵便振替の場合

窓口に備付けの専用振込用紙に、寄付名称を「東北関東大震災義援金」と記入し振込。

口座番号 口座名義
00140-8-507 日本赤十字社 東北関東大震災義援金

○社会福祉法人香川県共同募金会(TEL:087-823-2110)
■各市町社会福祉協議会内の香川県共同募金会各市町支(分)会
■百十四銀行本店、各支店
■香川銀行本店、各支店
 の各窓口に備付けの「災害義援金専用振込用紙」に、寄付名称を「東北関東大震災義援金」と記入し振込。

義援金の受け付け(直接持参する場合)
○以下の県施設(日本赤十字社、共同募金会の募金箱を設置します。)
■県庁本館・東館
■東讃保健福祉事務所、中讃保健福祉事務所、西讃保健福祉事務所
■小豆総合事務所
■高松合同庁舎、坂出合同庁舎、仲多度合同庁舎
■中央病院、白鳥病院、丸亀病院
■丸亀高等技術学校
■栗林公園観光事務所
■さぬきこどもの国
■かがわ総合リハビリテーションセンター
    

○日本赤十字社香川県支部
高松市番町1-10-35(香川県社会福祉総合センター5階)


救援物資の受け付け
 県民の皆さんからの救援物資を下記のとおり受け付けます。


(1)受付品目
品目 受け付ける条件
毛布 新品、未使用又はクリーニング済みで清潔に保たれたもの
紙おむつ(幼児用) 新品又は未開封のものに限る
紙おむつ (大人用) 新品又は未開封のものに限る
バスタオル 新品又は未使用のものに限る(贈答用のものは、化粧箱から出したもの)
飲料水 ペットボトル(できればケース単位)
保存食 缶詰など長期保存が可能なもので、新品又は未開封のものに限る
粉ミルク 新品又は未開封のものに限る

救援物資はできるだけ段ボール箱に入れてご提供ください。被災地に輸送できなかった物資は、福祉施設等に提供するなど、有効に利用します。

(2)開始時期及び受付時間
○開始時期:平成23年3月17日(木曜日)から

○受付時間:平日及び休日 午前8時30分から午後5時15分まで

(3)受付方法など
 東北地方太平洋沖地震被災地支援本部(電話:087-832-3846または087-832-3847)に電話をかけ、提供可能な品目及び数量、連絡先などをお知らせください。後日、県から、指定日及び指定場所をお知らせし、指定日以降に、指定場所に持参していただきます。

(4)物資の搬送
香川県からの物資は、茨城県を中心に搬送されます。

東北地方太平洋沖地震のボランティア登録について
 香川県社会福祉協議会では、今回の地震で被災された方々の支援のために、香川県民を対象に「災害ボランティア登録」を受け付けます。

東北地方太平洋沖地震のボランティア登録について(香川県社会福祉協議会ホームページ

東北地方太平洋沖地震の被災地への義援金等について(香川県HPより)

★義援金の受付
 1.銀行振込の場合
 ○日本赤十字社香川県支部(TEL:087-861-4618)
    百十四銀行 本店営業部 普通預金 0562968
    香川銀行  本店営業部 普通預金 1816914
    口座名義:
     災害義援金 日本赤十字社香川県支部長 浜田恵造
取扱金融機関の本店・各支店の窓口に備付けの専用振込用紙に、寄付名称を「東北関東大震災義援金」と記入し振込。

 ○社会福祉法人香川県共同募金会(TEL:087-823-2110)
    ・各市町社会福祉協議会内の香川県共同募金会各市町支(分)会
    ・百十四銀行本店、各支店
    ・香川銀行本店、各支店
の各窓口に備付けの「災害義援金専用振込用紙」に、寄付名称を「東北関東大震災義援金」と記入し振込。


 2.郵便振替(日本赤十字社)の場合
   口座番号:00140-8-507
   口座名義:日本赤十字社 東北関東大震災義援金
窓口に備付けの専用振込用紙に、寄付名称を「東北関東大震災義援金」と記入し振込。


 3.直接持参される場合
  ○以下の県施設(日本赤十字社、共同募金会の募金箱を設置します。)
    県庁本館・東館、東讃保健福祉事務所、中讃保健福祉事務所、
    西讃保健福祉事務所、小豆総合事務所、高松合同庁舎、坂出合同庁舎、
    仲多度合同庁舎、中央病院、白鳥病院、丸亀病院、丸亀高等技術学校、
    栗林公園観光事務所、さぬきこどもの国、
    かがわ総合リハビリテーションセンター
  ○日本赤十字社香川県支部
    高松市番町1-10-35(香川県社会福祉総合センター5階)

★義援物資について

(個人からの義援物資)
 物資については、被災地では一定の数量が揃わないと対応が難しいことから、個人の方からの義援物資は受け付けていないようですので、県としては現地の要請に応じて対応してまいりたいと考えております。
 そういうことから、県では現時点で県民の皆様から物資の受付けを行っておりませんが、今後、被災県の要請があれば、改めて協力をお願いしたいと考えておりますので、よろしくお願いします。
 なお、「県庁で義援物資の受付をしている」との、チェーンメールが発信されているようですが、県ではこのような対応をしておらず、また発信を行っておりません。

(企業等からの義援物資)
 なお、企業等からの大口の申し出で、一定の数と仕様がそろえられる物資については受け入れるとのことですので、事前に被災地各県の受入れ窓口へお問い合わせください。

 
★災害ボランティアについて
 ボランティア活動へのご協力の申し出については、現地での対応状況が分からないため、現時点ではご案内できませんが、対応方針が決まりましたら、改めてお知らせします。

[担当]
健康福祉総務課 地域福祉グループ
電話: 087-832-3259
FAX: 087-806-0209
メール: kenkosomu@pref.kagawa.lg.jp

救援物資

新聞コラムに我が県の対応がいまいち、動かないので歯がゆい思い、とあった。
「発生72時間はプロの救助優先で NPO呼びかけ」(京都新聞 3月13日(日)8時59分配信)であるように、通常の災害なら、復興に向けた動きの始まる1週間目ぐらいがボランティアの出番となるらしい。
しかし、未曾有の大災害です。72時間の待機時間が開けた今でもなかなか国主体で動かざるを得ない状況が発生しています。
そろそろ、各自治体での動きも出てきたようですが、民間団体単位、個人、いずれにしろ、自分たちのことは自分たちで処理できる確信をもってスタートさせて欲しいと思います。

阪神のときはなんとかバイクでめいっぱい食料を積んで行けましたが、今回は遠すぎる。広範囲の被災で、近づけない。
個々で情報を収集して、被災地の自治体、救済本部によけいな手間をかけないように、支援していきましょう。

動物愛護かがわの役員、会員さん~、声があがりませんね。事務局だけでは情報発信が精一杯です。


東北地方太平洋沖地震における災害ボランティアの活動について(H23.3.14 18:00更新)

県民活動・男女共同参画課NPO・ボランティアのページから転載します。ご参考に。

平成23年3月11日(金)14時46分に発生した「東北地方太平洋沖地震」においては、甚大な被害が広がっており、被災地では現在ライフラインの復旧や救急対応に追われている状況です。
災害ボランティアとして被災地での活動を検討されている方は、ホームページ等で現地の状況を充分ご確認の上、活動してください。
 また、現在は物資の提供もかえって被災地に大きな負担となる恐れがあり、県では、現時点で県民の皆さまからの物資の受け付けは行っておりません。
 義援金につきましては、日本赤十字社および共同募金会での受付を行っています。

<<災害ボランティアに関する情報を発信しているホームページ>>
□地域福祉・ボランティア 情報ネットワーク(全国社会福祉協議会・地域福祉推進委員会)
   http://blog.goo.ne.jp/vc00000/

□内閣府 防災情報のページ
   http://www.bousai.go.jp/volunteer/index.html

□災害ボランティアに関する注意事項(全国社会福祉協議会)
   http://www.shakyo.or.jp/saigai/katudou.html

<<義援金を募っている団体>>
□日本赤十字社 香川県支部
  受付場所:直接持参
   百十四銀行および香川銀行の本店・各支店で受付
   http://www.netwave.or.jp/~jrckgw/

□香川県共同募金会
  受付場所:各市町社会福祉協議会内の共同募金会市町支(分)会
   百十四銀行および香川銀行の本店・各支店で受付
   http://www.kagawaken-kyobo.or.jp/

東日本巨大地震の募金活動及び応援物資について

今のところ動物救済で信じられる募金先・・・

<緊急災害時動物救援本部 構成団体>
  財団法人日本動物愛護協会
  社団法人日本動物福祉協会
  公益社団法人日本愛玩動物協会
  社団法人日本獣医師会

○現在の緊急災害時動物救援本部としての活動(3/15)
   <財団法人日本動物愛護協会HPより>

被災地の自治体と連絡を取り、状況把握に努めていますが、とりあえず、宮城県、仙台市、盛岡市に動物救援物資の拠点となる場所を確保できましたので、現在ペットフード・ペット用品輸送の手配を行なっています。それぞれの拠点から県内・市内の必要な場所に配布することになっています。

被災地の獣医師会、自治体とも連携を取りながら、被災動物の保護を支援をします。
  
また、これから活動に必要な人の派遣も考えています。

○義援金の募集
東北地方太平洋沖地震の被災動物やその飼育者の支援を行うため、活動資金の募集をしております。振込先口座は、下記のとおりです。ご協力お願い申し上げます。

----------------------------------------------------
みずほ信託銀行 渋谷支店(店番号022)※みずほ銀行ではございません。
普通預金 4335112
口座名 緊急災害時動物救援本部
(キンキュウサイガイジドウブツキュウエンホンブ)
----------------------------------------------------

動物救援を行うため、皆様よりの義援金をお寄せいただきたく、ご協力下さいますようお願い申し上げます。

(お問い合わせ先)緊急災害時動物救援本部
(事務局:財団法人日本動物愛護協会)
 〒107-0062 東京都港区南青山7-8-1
  南青山ファーストビル6階
  電話 03(3409)1821 ファクス 03(3409)1868
---------------------------------------------------------


各国、日本の大企業が様々な応援資金、応援物資を災害現場に贈って下さってます。
個人が応援物資を送っても受入側は山積みになるだけです。個人で物資を送らないように。




東日本巨大地震被災の方々に心よりお見舞い申し上げます

ものすごいことが起こってしまいました。
まさかと思ってたことが画面からとはいえ、実際に見えていることに衝撃をうけました。
凹んでいたことも飛んでしまうくらい、人間の非力さ、自然の怖さをまさに見せつけられました。

阪神大震災のときでさえ、現地の路上にたったとき身体が崩れ落ちそうな感じだったのに、何回もテレビのニュースに声を上げて泣きたい思いがこみあげ、その場から動けない・・・。

まだ油断できない状況とはいえ、復興にむけて立ち上がらざるをえません。どうぞ、被災地の皆様、強い心をお持ち下さい。
過去の経験からか、まだボランティアの介入は止められているようです。
そういうなかでレスキューだからと、いちはやく無理に連絡をとってくる偽動物愛護団体にご注意下さい。
まもなく被災動物に関しては、阪神大震災以降、地方自治体の要請に応じ、緊急災害時動物救援本部が設置されます。 
そして、緊急災害時動物救援本部が中心となって行う被災動物救援事業に、支援協力していきましょう。

阪神大震災の際、初めて官民学協働の被災動物救援本部設置に尽力され、全国から集まったボランティアさん達と現場で被災動物救済にあたったS,Maさんからのコメントです。

【緊急災害時動物救援本部の基金は阪神・淡路大震災時に活動資金がゼロで始めた苦労から後の活動に役立てたいとの思いで節約を重ねて当時の義援金を残した貴重なお金です
今後の活動ににもつなぐために皆さまのご協力をよろしくお願いいたします S,Ma】

全国のみなさんの知恵と勇気を集約して、そろって、元の暮らしに戻れるように支援していきましょう。

助成金のこと・・・

一会員さんより最後の支払いとなる助成金受領の報告が来ました。
ほんとにありがとうございました。
その思いをお伝えした上で私見ですが、

会発足から満10年です。助成金は、避妊去勢手術の普及推進活動のPR、個々に保護される会員さんたちへの負担軽減には一定の効果はあったと思います。
しかし、金銭的に助成することは弱小NPOの力では限度がある、かといって、どれだけあれば?という問題でもないように思われます。
野良犬猫の飼い主になるということは、その時点から、飼い主としての責任、義務を担う覚悟が必至であるし、それは他の飼い主さんらとなんら変わらないことだとどなたにもまず理解して欲しいと思います。
次に社会全体を見渡してほしい。一歩踏みだし、自分の意識の枠外のことも思いを巡らせて欲しい。そう思います。
今に至っても、避妊去勢の必要性を感じていない飼い主さんは大勢います。だからといって、自分の飼い犬猫のことを大事にしない、意識が低い人だからというのではありません。
また、犬猫問題に携わっているからなんでも許されるわけでもありません。
今後、法改正がなされるにつれ、かえって保護活動者にもかなり厳しい内容になる可能性もあります。
だからこそ、問題の根本を見直して、犬猫と共生、共存していく意味、方法を見出していく時期だと思います。

総会終了報告

去る2月26日に無事総会が終わりました。
全会員にとって大事なお知らせがあります。
犬猫の避妊去勢の普及推進事業の一環として、野良犬猫の手術費用の助成をしておりましたが、今年度からとりやめることに決定されました。
すでに今年度事業は1月より始まっており、申請はがきも来ております。それにつきましては、助成実施いたしますが、3月からの申請は無効とさせていただきますので、ご了承下さいませ。

総会を終え、事務局を預かるものとしてはやはりここで述べさせてもらっとこう~
先生方、議場での定款軽視発言、行政批判発言は困ります。
常に会員とコミュニケーションがあり、活動も先導、企画していただいているのならともかく、たまの参加で偉い方がおっしゃれば会員さんはそうかなあと思います。
厭でも法に縛られ、それに沿っての事務作業を要求され、四苦八苦している事務局を完全軽視と思えなくもないです。
以前、法遵守でなければ、会に迷惑がかかるからと、苦慮しながらも、皆の意識との温度差に現実動きがとれず、期限内書類未提出で罰金という法的ペナルティーとなったこともありましたが、それも「事務局だけの責任じゃん、ま、しょうがないわな」って感じで、終わりましたっけ。

逆に会員からは、「事務局からの返事が遅い」との発言。
議場でそう指摘されると、なにかと事務局から先生方へのすみやかなるご返答、ご処理の催促はできなくなりました。今後ますます気にとめてもらえないでしょうね。
なんと無能な事務局!!
役員継続とは一応なりましたが、事務局役はやはり降りたいと思いは変わりません。
無用な波をたたさないための沈黙、方便は、すれっからしです。信頼間でしか実らない代物は、不要でしかない。
その都度、どんな会員の「気持ちはわかる」そこのあなた、そう!出番ですよ~

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。