事務局日誌

NPO法人の事務局長からのお知らせと私情交じりの活動報告
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訴えたいこと

「捨て犬猫を保護したけど、飼えないからどうにかして下さい」

事務局にかかってくる電話のほとんどがそうです。
しかし残念ながら当会では引取も出来ないし、また他の団体を勝手に紹介ということもできないのが正直なところです。
たとえマスコミに取り上げられているメジャー?な保護団体といえどもなかなか右から左へとは受け入れていないと思います。
誰もが辛い選択を迫られる必要がない日がくるように原点から犬猫との社会を見つめていかなければと思って活動を行っています。
実際の保護活動でさえ人手不足、啓蒙啓発活動(過激なものを除き)にいたっては、県内では協力者はまだまだほとんどいません。
生ぬるいものであっても地道に行うことの重要性と難しさをご理解頂きたい。

他のところにも問い合わせて、頼れるところが無いと再度電話下さったOさん。
泣きながら受話器を置かれた後どうなされましたでしょうか?
お断りするしか術はないとはいえ、個人的には気になっています。
なんとかご自宅で飼えないものでしょうか?それだけ決心してもらえれば、現在捻出している経費のことを思えば、何とかなるように思いますが。
もちろん、高齢、白内障のワンちゃんを理解をもって預かって頂ける方がいらっしゃれば事務局までご一報下さい。








スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。